ニュース

カブレッタレザーとは

豆知識

カブレッタレザーとは

ひとことで言うと、羊の革です。 主に南米に生息するヘアシープの革です。ヘアシープという名前ですが、ヘアシープの毛はセーターなどに用いられるウールにはなりません。よく見る羊とは品種が異なります。ヘアシープの毛を落とした革は、柔らか/滑らか/薄いというゴルフ用のグローブに最も適した特徴を備えています。そのためゴルフグローブの最高級素材として昔から使用されております。 カブレッタ/Cabrettaの由来は、スペイン語やポルトガル語での山羊(ヤギ)を意味するCabraだそうです。イージーゴーイングなUSAの人々がヘアシープの革をカブレッタと呼び始めたようです。羊か山羊なのかは大した違いではなかったのでしょうww。それ以来、カブレッタレザーゴルフグローブという名称がグローバルでは一般化しています。これを日本語に意訳すると天然本革ゴルフグローブということですね。弊社はUSAかぶれなので、カブレッタレザーと呼称しております。 畜産には詳しくないので、より細かな情報をお持ちの識者がいらっしゃいましたら、いろいろとご教示いただければ幸甚に存じます。 左:メリノ種の羊 / 右:ヘアシープ

続きを読む →


Regina2022年春号にFLUOを掲載いただきました。

ゴルフ雑誌 ブログ

Regina2022年春号にFLUOを掲載いただきました。

FLUOが女性向けゴルフ雑誌レジーナに掲載されました。珍しいカラーリングのゴルフグローブを作るのは大変、的なウラ話も書いてます。

続きを読む →